まいど!de あきんど

このオッサンいつかやりよるやろ!と自分で思いつつ、結局この年までやらなかったつるのこのおっちゃん。その遅ればせながらの成功までのユル~イ道のりをとくとご賞味あれ。                  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おれもうどん学校その1

学校へ行った。前からいつか行った方がいいと思っていた。早い方がいいのか、それとも時間ができる6月以降がいいのか悩んだが、「そらやっぱり早よ行かな!」と思い、「自分に言い訳できないように」即、申し込んだ。1週間後の2月5日からの受講だ。早速、仕事を調整した。
費用も結構掛かる。今年から5万円も値上げしたらしい。交通費は三宮からフェリーというのが一番安いようだが、この日程は幸い土日祝日につながっているため、車で深夜に行き返りすれば片道2,850円だ。宿もじゃらんで安くていいところ(素泊まり3,000円)を見つけた。
2月4日会社から帰って仮眠、夜中の1時にいざ、しゅっぱ~つ。明るい未来への第一歩だ。ルートは淡路島経由、阪神高速のアクセスが分かりづらい。調べておいてよかった。途中SAPAで1~2回休憩仮眠し、7時頃到着。ノンストップなら3時間程か。大和の場所を先に確認し、ローソンで朝飯を買った。道の駅の看板が目に入り、時間つぶしに寄った。
IMG_0023_convert_20110228203125.jpg
IMG_0024_convert_20110228202624.jpg
IMG_0039_convert_20110228202322.jpg
トイレがお洒落、昨年のグッドデザインを獲っている。


IMG_0028_convert_20110228202806.jpg
その後、海で鳥など撮影し、「鳥さんオハヨー、おれはやるで~」と叫び、ワクワクしながら大和へ向かった。

8時過ぎに到着し、若い人と一緒に会場に入った。一番乗りだった。しばらくして開始、初日~2日目はらーめん学校の生徒の方達と一緒に受講とのことで、始めに全員自己紹介をする。ラーメン学校の方々は既に実技を終えていたので、皆さんすごく仲が良い。そして自己紹介でもこの4日間で学んだことや開業への決意を熱く熱く語られていた。それらを聞いているとまだ始まってもいないのに「ここに来たことは正解だったんだろうな」と想う。いよいよ授業開始、2日間は藤井社長の経営講義。1月の大和の大阪営業所でのイベントでエッセンス版として聴いていた内容を更に詳しく深くしたものだったので、予め予習をしていたみたいな感じで更に理解し易かった。


あっという間に時間は過ぎる。お昼は大和直営の亀城庵だ。大和の女性のスタッフ2名と九州から来たという若いおにいちゃんと一緒に座った。いくつでも食べていいとのことだったので、看板メニューの“海老モチぶっかけ”と期間限定の“カレー”(どちらも小)を注文した。
IMG_0046_convert_20110228203218.jpg

待っている間におでんも勧めて頂いたので、大根と牛スジを食べた。うどんは前に大阪営業所のイベントで食べていた北海道産小麦主体のもちもち感のあるおいしい麺だ。カレーは予想していたものとまったく違って自然派レストランで出てきそうな女性受けしそうなビジュアル。
IMG_0048_convert_20110228203418.jpg
香辛料が効いていておいしかったが、普通のカレーうどんを食べたいおっさんおにいちゃんにはどうかなと思った。小2杯は丁度いいやろと思ったが、実際には普通のうどん屋さんの普通盛りぐらいのボリュームがあり、更におでんも食べたので腹一杯!
そう言いながらも「明日はびっくりかき揚げやな」とか「昼からの講義は眠気と戦いやな」と思いながら学校へ戻った。


午後からの講義もなんとか集中して初日を終了。帰りにビブレに寄ってビールとおつまみ、晩飯を買い、宿に。学校から10分掛からなかったが、場所が分かりにくく電話で聞いて到着。じゃらんの写真で見たとおりのシンプルな和室、4畳だが液晶テレビ、冷蔵庫もあり、静かで落ち着くいい宿だ。仮眠したとはいえ、運転して、更に気合を入れて受講した初日、やっぱり疲れた。さぁー明日も頑張るで~!
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 21:02:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんでや!?

たかたかkyoさんのコメントは消えるは、カウンターは入らんは、写真はどっか行くは、ほんまブログってなんなん? こう見えてもEXCELもかなりいける方やと思ってるし、親の店のメニュー作成や経理・給与関係の事務処理PC化したし、支払いもかなり前からネットバンキングしてたし、POINT(友達の雑貨屋)のPOP作ってたし、会社の若いヤツもみんなオレに聞きにきよるし … 。この年にしては結構PCイケてると方やと思てるけど(でもケータイは苦手)、ブログはさっぱり分からん! 誰か教えてくれ~(できれば女性希望)!
  1. 2011/02/27(日) 18:26:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開業日記って…

たかたかKyoさんに「店するんならブログしなぁ」、うっしーさんには「開業までの道のりをブログに」と言って勧めて頂いた。数年前からうどん屋開業を夢見つつ、だからといってろくに食べ歩きや勉強せず … だったが、実家の店が2008年1月に閉店してから数ヶ月後、元の店長にうどんづくりを習い始めた。十年程前にさぬき麺機の2日間の講習会は行っていたので、まったくはじめてではなかったけど、やはりブランクはあるし、中途半端に分かっていただけのような感じだった。
店長に習ってからはネットで木下製粉の讃岐すずらんという粉を注文して月に1~2度打ち始め、途中からは製麺データの記録も始めた。その数年間の進歩の度合いとかについてはいつか書こうと思うけど、その間、参考にしたのは釜たけさんと鶴越さんのサイトだった。釜たけさんが現在のように関西讃岐うどん界の大御所になられる前、私と同じくうどんの講習会に行っておられた様子とか、勉強中の日記などはとても興味を持って読ませて頂いてた。中でも取り入れさせてもらったのは「手作り熟成庫」で、これを参考にして作ったマイ熟成庫(そぼろ熟成用 & 冬の1~2晩用バージョン)は今も活躍している。
my熟成庫君1
my熟成庫君2




鶴越さんはより細かくブログを更新されていたので、製麺から粉のこと、軟水器や道具類の工夫など、大変参考になった。
myツッキー君
ミキシングに使っている餅つき機は、鶴越さんのブログの写真を見てメーカーと機種を探り当ててヤフオクで買ったもので、今も大切に使っている。ミキシングしながら少しずつ塩水を入れていけるようにフタに2ヶ所穴を開けたのでさらに使いやすくなった。これがなけりゃニーダーなら6キロ作らなきゃならないし、手捏ねならちょっと面倒だし、いろいろな話も含めて、鶴越さんのお陰でこの数年間、製麺の勉強ができたことも多い。


それにしても釜たけさんも鶴越さんにも恐れ入るのはその情熱と行動力だ。どっかのおっさんみたいにやるやると言うばかりでなく、寝る間も惜しんで行動されて、あっと言う間に開業されて、今や押しも押されぬ有名繁盛店になられている。その点で言えばたかたかkyoさんも負けず劣らずすごいバイタリティだし、自分で書いてて思ったけど、成功の原動力はやはり熱い情熱と行動力だろうか。自分もそんな偉大な大先輩の方々を見習って頑張らねば。
  1. 2011/02/26(土) 19:55:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えっ、ブログって … 。

こないだからお世話になってるアノ人に「うどん屋やるならブログやらな!」と言われ、
「えっ、でも結構あれって時間かかりそうですよね」と言ったら、「寝る時間削ったらええねん!」
で、「は、はい」ということでとうとうやるハメになってしまいました。
アノ人 「ほな何かい?俺にやらされとるんかい!?」
つる  「い、いえ、じ、じぶんからじ、じぶんのために○△×□ … 」)

このオッサンいつかやりよるやろ!と自分で思いつつ、結局この年までやらなかったつるのこのおっちゃん。
その遅ればせながらの成功までのユル~イ道のりをとくとご賞味あれ。
  1. 2011/02/22(火) 00:21:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

つるのこ

Author:つるのこ
関西在住
うどん屋のおっちゃん
年齢 けっこうええ歳
趣味 キャンプ、11歳息子との放浪の旅、70~80年代洋楽、Queen
酒  ウイスキーが好み。40歳を
 過ぎてから酒が飲めるようになった(でも当然弱い)。それって体にはどうなん?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (80)

まいどdeおこしやす

べんぴねこボタン2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。