まいど!de あきんど

このオッサンいつかやりよるやろ!と自分で思いつつ、結局この年までやらなかったつるのこのおっちゃん。その遅ればせながらの成功までのユル~イ道のりをとくとご賞味あれ。                  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はやりの …

義援金のお願い @ 関西讃岐うどん巡礼委員会


東日本大震災「うどん義援隊」


義援金募金箱設置しました!!!@玉造の極楽うどん TKU



巷で流行っているうどんをお昼ごはんに作ってみました。
0324udon 019





アノ店とはちょっと違うシンプルでちょっと和風だし味のバージョンです。





ホウレンソウが入っておらず、温泉玉子も崩していないので、この時点でのビジュアルはイマイチですね。
0324udon 005




では、黄身を割ってみましょう。
0324udon 006





混ぜる前に黄身がたっぷり付いたところをひと口。
0324udon 007



味付けは、釜抜きにバターをからめ、オリーブオイルを数滴、ぶっかけだしを少しかけて粉チーズに粗挽きこしょうです。
0324udon 019
0324udon 015


けっこう美味しかったです。でも自己満足じゃダメですね。

まず自分の麺をしっかりと作れるようにならねば。

理想の麺はやっぱり剛麺、ホンマモンのアノ店とアノ店です。

そんなうどんを早く作れるようになりたいです。


スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 21:20:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うま!な一日

義援金のお願い @ 関西讃岐うどん巡礼委員会


東日本大震災「うどん義援隊」


義援金募金箱設置しました!!!@玉造の極楽うどん TKU


shin 001
お昼食に何を食べるかというのを結構重視している。普段は毎日会社の食堂で自分で作って食べている。それは①料理が好きで練習も兼ねれる②近くにいいところがあまりないし、自分で作る方がウマイ③経済的にお得などの理由である。メニューだが、製麺したうどんは大概いつもあるので、やはりうどんが多い。バリエーションはいろいろあるが、当然あまり手の込んだことはできない。最近では釜抜きたらこバターがヒットだった。あとはパスタやそば、レトルトの中華丼のあんかけをかけた焼きそばなど、やっぱり麺類が多い。ご飯ものだと他人丼や親子丼、豚肉とじ丼やレトルトのカレー、たまに焼肉丼など。おかずとご飯の時もある。よく作るのは、煮た大根が好きなのでおでん、あとは豚のしょうが焼き、野菜炒めや焼き魚など定番のおかずと味噌汁、豚汁などで定食風にしたりする。

この日は朝8時半から会議の日で、いつも結構長くなる。最近はお昼を過ぎることも多いので、昨日作ったおでんと簡単にレトルトとかにしようかと思っていた。




案の定、終わったのは1時前である。腹を空かせて会社の食堂に行った。テーブルの上に丼に入ったご飯と、お皿にハンバーグと赤パブリカ、ポーチドエッグが、横にソースとメモがおいてある。なんと部下のkoekoeがロコモコ丼を作っておいてくれていた。ヤツには時々うどんを作ってあげたり、おかずなんかもおすそ分けをしたりする。そのお返しか、料理好きな彼はこれまでも家で作った牛すじ煮込や豚の角煮なんか持ってきてくれたり、会社の台所でオムライスなんかも作ってくれたりしている。味も結構マイウ~!である。男同士で変だが、お互いヨロコンデいるのでこれでいいのである。



このロコモコ丼、メモには「肉汁が出てしまい過ぎたのでソースを多めにかけて下さい」と書いてあった。おそらくハンバーグのジューシーさが足らないのだろう。ご飯とハンバーグを電子レンジで温め、あとの具を盛り付ける。書いてある通りにたっぷりとソースをかけて早速食べた。うま!である。色合いのバランスがとても良いが、味のバランスもけっこういい。確かにハンバーグは若干ジューシーさが足らないが、ガッツリ系になってこれはこれでイケル。
20110323 011


サイドメニューはおでんだ。昨日の朝に作っておいた。大根も良くしゅんでいて、これもうま!である。ゲソ入りの練り物もいい味だ。横に添えた柚子胡椒は会社の女の子がくれたものだ。西脇市の彼女のお母さんが作ったもので、香りと味がとても濃い。開店後、夜に一品など出せるようになったら、この柚子こしょうを頼んで作ってもらいたいと思っている。本当に絶品でうま!な柚子胡椒である。
20110323 014






で、夜 …


今週は忙しい。予定通り?残業で遅くなった。腹も減った。帰りにラーメンでも食べようと申に寄った。
shin 001


また近所の友達がいた。ビールとチャーシュー豚盛合わせ(小)を頼んだ。ここのチャーシューは本当にうま!い。柔らかくて味付けもいい。下に敷かれた付け合せのもやしとキムチもナイスバランスである。
20110323 018




もう一人友達が来た。実はヤツはメールで呼んでいたのである。更に餃子と唐揚(小)を頼む。






ここは安くてうまいし、おねえちゃんも愛想がいい。芋焼酎お湯割を飲み終えた頃、注文していた塩ラーメンが来た。
20110323 022
20110323 027
うま!である。かつおのダシが利いた魚介系スープが和風で美味しい。ここの若きマスターは有名店の金久右衛門で修業をされたとのことだが、ラーメンはまったくのオリジナルのようだ。初めて食べた時はちょっと味が濃いかなと思っていたが、久々に食べてまたイメージが変わった。




今日はうま!な一日であった。
自分も開店したら世の中の人達に「うま!」といつも言ってもらえるようになりたい!


  1. 2011/03/25(金) 12:42:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の休みに

義援金のお願い @ 関西讃岐うどん巡礼委員会


東日本大震災「うどん義援隊」


義援金募金箱設置しました!!!@玉造の極楽うどん TKU



昨日からの雨で子供のソフトボールが休みである。こんなことはめったにない。多少雨が降ろうが、雪が降ろうが、グランドができる状態であればまずやるチームである。おかげでわれわれスタッフおやじ達に休日は殆どない。冬は凍えながら腰痛を我慢して審判をし、夏は皮膚がんを心配しながら真っ黒になってノックをする。GWや盆に休めるのも1~2日ぐらいである。しかもこの年になるとなかなか疲れも取れない。土曜日一日中練習をして夜中まで飲み、翌、日曜日は朝6時から設営して夕方まで試合。それが普通の土日の過ごし方である。いくら早く寝ても月曜日はしんどい。アリナミンとかQPゴールドとか飲みまくって仕事している。


♪しかし今日は休みである♪♪♪ 久々にゆっくり寝た。その後しばらくダラダラし、息子とお彼岸の墓参りに行った(嫁や娘達は用事があり、今回は仕方なく2人で行った)。箕面まで行って雨の中お参りし、その帰り…。

こんな日はめったにない。オヤジも息子も暗黙の「昼うどん」モード、行き先は玉造だ。

コインパーキングが見事に空いてない。界隈を何周も回っていると息子が「あかん、もれる~」。開店時間少し前だったがトイレを借り、息子を置いてパーキングの空きを探す。玉造って駐車場不足? ちょっと離れたとこにやっと1台分の空きを見つけた。遅れて入って行く。


店内はもういっぱいだった。息子を降ろした時はカップル一組が開店を待っていたが、開店からわずか10分でもう満席だ。息子はこの間に食べたかけうどん+鳥天トッピングか、冷たい鳥天ぶっかけか迷っていたようだったが、結局この間と同じにした。おやじは鳥天カレーだ。

隣の隣のオーダーが運ばれてきた。「うわっ、すっげー、アレ超大盛りって言うてたで~」と息子。MKつけめんのご飯付だった。たかたかkyoさんが前に確か「大盛りは700g」だったか「800g」だったか言ってたような気がする。体格のいい人だったが、信じられないくらいの量だった。

息子のが来た。「こないだでコレにはまってん!」と言って食べだした。横からダシをひと口。やっぱり美味い。



……
………

「これ食べてみて。全然ちゃうで~」とたかたかさんがひと口かけうどんを持ってきてくれた。
TKU0321 005


「なんじゃこりゃ~!?」

めちゃめちゃ美味い!!! こんなダシ飲んだことがない! 「11%(!)やからちょっと濁るけど…」とたかたかさん。半分の5.5%でも普通以上だろうけど、11%!っていったい何のため?と思うくらいの濃さである。
もしこれをしょっちゅう食べたら、普通の美味いダシを何とも感じなくなるに違いない。万が一、TKUがコレを普通に出し始めたら、他のうどん屋さんから一斉に訴えられるだろうし、大阪府警から捜査が入りかねないくらい?危険な衝撃のダシである。



感動に浸っていると鳥天カレーが来た。今日は本当はコレを息子に食べさせたかったのだが、子供にはちょっと辛いかもと思っていた。ひと口分を小皿に少し取り分ける。「ウマ、でも辛」と息子。でも「もうちょっと入れて」と結局3回ぐらい小皿にお代わりし、鳥天も1個取られた。TKUのカレーは相変わらずウマイ。今日は暖かいので、汗だくになりながら食べた。お昼は小ご飯付で満腹だ。
TKU0321 004




会計時に挨拶して募金して店を出た。
カレーは2回目だが、今回もやっぱり思う壺だ。「お客さんが店出てから、口の辺りに『美味かった!』と満足感をいかに残すかや!」と言うたかたかさんの言葉を思い出す。この間の“どんパ!”の仕込みの時にもこのカレーを思い出していた。これくらいのスパイス加減ととろみ加減、辛さの具合が本当にグッドバランスだ。今どきまずいカレーも珍しいが、世の中の殆どは「フツウにウマい」カレーうどんだ。このTKUのカレーうどんは自分の理想に近い。

それにしてもあれだけ忙しい中、いろんなことを試し、相変わらずいろんなとこを食べ歩いているたかたかkyoさんはすごいなぁ(今回も絶賛したから次も何かサービスあるやろ…)。自分だったら満足してしまうか忙しさに流されてしまうだろうと思う。


明日からは決算棚卸で忙しい。たぶん連日残業になるだろうし、どこかのお店に食べに行くこともできないだろう。

久々にゆっくり休ませてもらったし、さあ、明日からまたがんばるでー!

  1. 2011/03/23(水) 15:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細屋

義援金のお願い @ 関西讃岐うどん巡礼委員会


東日本大震災「うどん義援隊」


義援金募金箱設置しました!!!@玉造の極楽うどん TKU



hosoya001
夜、店でなんやかんやしていたらもういい時間になってる。夕食は早い時間だったので、小腹がすいた。たかたかkyoさんとこに行こうかとも思ったが、もう閉店間近だったので、帰りの通り道の細屋へ言った。

ここは名前の通り麺が細い。断面は丸く、ひやむぎを太くした感じの食感だ。細い割りにコシもある。
おでんも美味しいのだが、余り食べ過ぎてはいけないので、天ぷらうどんとかやくご飯(中)を注文した。



写真を撮らしてもらう旨断りを入れて撮り始めたが、1~2枚で終わってしまった。

hosoya 001a



……
ビジュアルが面白くないのである。味が美味しいのは分かっているが、鉢も小さく、海老天が一貫のっているだけなので、写真としてはツマンナイのだ。


早速食べ始めた。まずつゆを飲む。しっかりとだしの味が利いていて美味しい。「いったい何節がメインなんだろう? サバ? ウルメ?」分からないけど、美味しい。

海老もプリプリしている。

麺を食べる。以前テレビで麺通団の方がある香川の細麺の店の真似をして製麺し、試作をしているところをやっていた。ところがなかなかうまくいかず、茹で時間をいろいろ試していた。その麺の場合の結論は5分!ということだったが、食べていてそんなことを思い出してた。ここのはもう少し早いような気がした。




hosoya 004
ここのかやくご飯は好きな味の筈だったが、こん時は「おいしいけど、こんなに甘かったかな?」と思った。自分の味の嗜好が変わったのか、はたまた舌のコンディションの具合か、それとも店の方がいつもと違うのか? などと言ってもそんなにしょっちゅう来ている訳でもないので、たぶん自分持ってたイメージの問題だろう。





うまかった。しかし、何か残念な感じがする…。

それは…、

……

麺が少な過ぎるから、それとトッピングが寂し過ぎるからだと思う。


そりゃ「あんまり食べ過ぎないように」おでんも我慢した。いつも腹一杯も体に悪い。でも麺はおそらく200gあるなしだろうし、海老天がひとつできつねとの差が250円、かやくご飯(中)を付けて¥1100円で満足できないのは、正直今どきはつらい。つい「○○でこんだけ払ったら大満足なのに…」と思い浮かべるお店はいくつもある。いくら安くたって美味くないとこにはみんな行かない。でも美味しくたって今どきはお値打ち感も繁盛店の大切な要素だと思う。例え1100円でもそれ以上の価値があればやっぱり行くだろう … 。美味いだけに残念だった。


近所にも評判のいいお店である。お昼は安いとも聞いている。夜ももう少しお得感を出してもらえるよう、今後に期待することにしよう(生意気にスミマセン。でも、もっと良くなって欲しいので、思ったことを正直に書かせてもらいました)。

  1. 2011/03/21(月) 15:14:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんパ!その3(完)

義援金のお願い @ 関西讃岐うどん巡礼委員会
お預かりした義援金は、日本赤十字社を通じて、被害にあわれた皆さまの支援に役立てられます


東日本大震災「うどん義援隊」


東日本大震災 義援チャリティー あさすず


義援金募金箱設置しました!!!@玉造の極楽うどん TKU




いよいよ“どんパ!”当日、
朝7時15分に起き、店へ向かった。店に着いてまず、茹で釜とだしの鍋に火を入れる。いりこをひとつ食べてみる。しっかり味が抜けている(=だしが出ている)。

朝めしを食べ、生地を確認。熟成の具合はいいと思うが、延す前にはもう少し温めた方がいいかも知れない。昨日仕込んでそぼろ熟成中の追加の2キロはちゃんと水和された感じになっている。



手帳を見て今日の段取りを確認。8時半ごろから白だしを作ってから、その後3種類(かけだし、ぶっかけ、カレー)のだしの合わせ、10時半頃より製麺をする予定だ。それ以外、つまり半熟卵づくりと大根としょうがのすりおろし、天ぷらの生地合わせと揚げは手伝いのお母さん方にお願いする。




だしの鍋の温度が思ったより早く上がってきている。60℃になったので昆布といりこを取り出した。しばらくして80℃になった。うるめ節、さば節、目近節の投入だ。思ったより計るのに手間取る。丁寧に灰汁を取る。5分過ぎたので最後に花鰹を入れる。
donpa 027



時間になった。ざるで濾して寸胴に入れる。香りも良く、いいだしが出ている。シンクに水を張って冷す。
donpa 032

donpa 035



時間の経つのが早い。追加の生地をダンゴにする。ちょうどいい柔らかさだ。はじめの生地はやはりちょっと冷たくて固い感じがするので、そろそろ少し温度を上げて温めよう。

だしの計算・計量に手間取る。カレー用含めてかけだしを15L作るのだが、途中で白だしを何杯入れたか分からなくなり、やり直す。結構テンパっているのが分かったので、ちょっと小休止だ。「営業じゃないんだから、まぁゆっくりやろや~」と自分に言ってみた。

しばらくしてお手伝いのお母さん方が来た。お願いしたいことを伝えて、手順を説明する。主婦ばかりなので当然料理はお手の物なのだが、卵に小さな穴を開けて茹でるのは知らなかったようだし、半熟卵天というのも初めてのようだった。











udon 057
もう製麺(延し⇒切り)の時間になった。はじめの「星空」の生地を延す。手馴れた作業だ。





……


………



??? 筈なのに … ???



ドヒェーツ! ロールで延して出てきた生地を持ち損ね、生地の最後の部分に引っ張られて勝手にまたロールに入っていった!!! ヒェ~ッ!!!まるで捩れていない“メビウスの輪”状態というか伸びたベルトコンベア状態や~!!! アカン、やっぱりテンパってるのかなぁ? とりあえず生地を引きちぎって取り除く。一玉目からいきなりこれかい!?けっこうガッツリ系の麺ができる予定だったのに … 。残念ながら、もうこの粉はない。




ちょっとひと休みしよう。何事もなかったかのような顔をして音楽をかけ、コーヒーをひと口。せやけどこんなんでオレ店できるんやろか~。




気を取り直して北海道産の生地を取り出す。おおっ! このスベスベした肌触り! 香りもいい。いい麺ができる気がする。それからは気分良く作業でき、順調に麺線ができていく。たかたかkyoさんが「イマドキこんなん使わんな~」と言った木製の麺箱に麺線を入れていく。今日は子供と女性中心なので、やや細めのカットにした。
udon 073
udon 064



天ぷらも揚がり、準備万端。あとは子供達を待つだけだったが、練習同行のお母さんから連絡が入る。「○○湯でお風呂入れてから行きます」 ○○湯はチームの5年生の実家だ。今日のお昼は営業していないのを、貸切で入れてくれるとのことだ。銭湯とうどん屋を貸切りなんて、なんて恵まれたチームだ。

1時間ほど余裕ができたので、ちく天と鳥天を食べてみる。もっと少ない人数だったらちゃんと揚げたてを出したいが、今日は仕方がない。冷めてたけど、サクっと揚がっていて美味しい。
玉子はちょっと失敗した。「5分30秒で」と頼んでおいたのだが、ちょっと早かったみたいで、鍋の火の通りの悪い所にあった玉子は超半熟だった。えらそうに穴あけのことを説明したのに格好悪い。仕方ないのでそれらは温泉玉子代わりにした。

子供達が湯船を出た時点で連絡が入った。釜の火を全開にして準備に入る。しばらくして麺を投入する。「麺入りま~す!」学校風に言ってみる。感じがいいと思うので、営業してからも言ってみようか。

始まったら厨房内の手伝いは1名だ。自分が鉢に麺を入れて渡し、そこにだしを入れてもらう。天ぷらのトッピングはカウンターで他のお母さん方がやってくれる予定だ。

実際の営業の時は、ピーク時は厨房は自分を入れて3名、ホールは2名が最低限必要だろう。と言うか、目指すはもっとスタッフを揃えられるぐらい繁盛店だ。

麺が茹で上がった。一本洗って食べてみる。やっぱり北海道産の粉で打った麺の味は美味しい。「オッケー!」と自分で納得し、水で締めてセイロに玉取りしていく。テンパって上手くいかない。もっと形良く並べていきたいのだが、イマイチだ。次の麺を釜に入れる。子供達は腹を空かしている筈なので、すぐに「おかわり!」するだろう。









子供たちが来た。茹でのタイミングは正解だった。すぐに注文が通る。予想通り子供は殆どがカレーだ。セイロから湯煎して鉢に入れていく。手伝いのお母さんが手際よくカレーをかけていく。数は分からないのだが、とにかく続けてカレーを作る。「普通の~みっつ~」とオーダーが入る。天ぷらのトッピングは取り合いにならないように予め分けてお皿に入れていたようだ。おかげで混乱なくスムーズに配膳できるが、これはこれでちょっとつまらない。

子供にはひと通りいき渡ったようだ。カレーが殆どだから、熱くて「おかわり」ももう少しかかりそうだ。しばらくして大人のらしき注文が入った。「あったかい普通の~よっつ~」「カレーふたつ~」。





「冷たいの~ふたつ~!」。待ってました! この初めの冷たいぶっかけの注文は気合を入れてこちらで盛り付けた。鳥天、ちく天、半熟卵天をのせ、大根おろしにしょうがとネギを添え、最後に白胡麻をふる。それなりに見栄え良くできたので、他のお母さん方やオッサン達からの追加オーダーを期待した。


「美味しそう~」と声が聞こえてうれしくなる。兵庫で実家がうどん屋さんをやっているというお母さんも続けてぶっかけをオーダーしてくれた。「おいしいですー」と言ってくれる。とってもうれしい。おそらく普通の味でも「おいしい」と言ってくれるだろうけど、ここは素直に喜ばなきゃ。






子供達は遊び出し、お母さん方はおしゃべりし、オッサン達は早くも宴会モードに突入している。








この辺りまでバタバタで写真どころではなかったが、あるお母さんが自分でトッピング・命名・撮影した「冷やし親子天うどん」の写真をもらった。
やっぱり玉子が半熟過ぎる。
toriten 003


しばらくしてまた「おかわり!」のオーダーが入る。うちの息子はカレーを2杯食べた。それにつられてか、普段は余り食べない子までおかわりしてくれた。ヤツ(息子)は開店時には頼まなくても自然とサクラになるだろう。

来れない親子が3組いたが、それなりにみんな食べてくれたし、けっこうおかわりもしてくれた。辛口評価のカントクも誉めてくれたし、OBスタッフのジッキーも「今日のはウマイ! 腕あげたな、オヤジ~」と言ってくれた(前は釜玉にだしをかけ過ぎて「からい!」と言われた)。






相変わらず、子供達は遊び、お母さん方はおしゃべりし、オッサン達は飲み続けている。








……


………




気付けばもう夕方になってる。帰る人、残る人、相変わらず飲む人 … 。








てな訳で“どんパ”もとりあえず無事終了した。自分では何点ぐらいか分からないし、けっこうテンパってスムーズにできなかったことも多かった。麺とか味とかは当然まだ営業できるレベルには程遠いだろう。けど、初めての大人数だったことを考えると、まあ良しとしようか。これが実際の営業の練習になるのかどうかは分からないけど、慣れるという点では意味のあることかもと思った。





とりあえず片付けたことだし、残ったオッサン達も呼んでいる。
「お疲れさん!」と言うことで、弱い酒でもさあ飲もか。



この後、例によって宴会は夜中まで続いたのであった…。 どんパ(完)

  1. 2011/03/18(金) 12:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

つるのこ

Author:つるのこ
関西在住
うどん屋のおっちゃん
年齢 けっこうええ歳
趣味 キャンプ、11歳息子との放浪の旅、70~80年代洋楽、Queen
酒  ウイスキーが好み。40歳を
 過ぎてから酒が飲めるようになった(でも当然弱い)。それって体にはどうなん?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (80)

まいどdeおこしやす

べんぴねこボタン2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。